カルノタウルス

【恐竜 動画】【恐竜の戦いCG】激闘!!ステゴサウルスが色んな恐竜に挑戦!ステゴサウルスVSギガノトサウルス(他4体)

投稿日:

ステゴサウルス登場: 0:00
ステゴサウルスVSギガノトサウルス: 1:06
ステゴサウルスVSスピノサウルス: 1:55
ステゴサウルスVSアロサウルス: 5:05
ステゴサウルスVSカルノタウルス: 6:42
ステゴサウルスVSティラノサウルス: 7:41

ステゴサウルスが自分より大きな恐竜ばかりに挑戦しているよ!!
大丈夫かな?
勝つのかな??
みんなはどう思う?

【ステゴゴサウルス】

ステゴサウルスは、ジュラ紀後期、現在の北米大陸に生息していた、体長7メートルほどの植物食恐竜。恐竜の中でも特に有名な属の1つである。

【ギガノトサウルス】

ギガノトサウルスは、約9,800万年- 約9,600万年前の南アメリカ大陸に生息した、大型肉食恐竜である獣脚類の一種。

体つきは獣脚類の中でもティラノサウルスに匹敵する重厚さであったが、頭蓋骨は比較的細長く、顎の力自体は、より幅と厚みに富む頭蓋骨を持つティラノサウルスのほうが上回ったと考えられる。

【スピノサウルス】

スピノサウルスは、中生代白亜紀前期から後期(約1億1,200万 - 9,350万年前)の現アフリカ大陸北部に生息していた獣脚類(魚食・肉食恐竜)。

推定される成体の全長は12.6メートルから18メートル。既知の肉食恐竜の中でも最大の大きさを誇り、ティラノサウルス、ギガノトサウルス、カルカロドントサウルスなどの他の獣脚類とほぼ同じかそれよりも大きい。

【アロサウルス】

アロサウルスとは、約1億5,500万 - 1億5,000万年前の北アメリカに生息していた大型肉食獣脚類に属する恐竜である。

アロサウルスは二足歩行性で、鋭く大きな歯を多数備えた巨大な頭骨を持つ捕食者であった。平均的な全長(頭から尻尾の先端までの長さ)は8.5mで、12mに達したと推定される個体の化石の断片も発見されている。大きく強力な後肢(脚)と、それに比して小さな3本指を備えた前肢(腕)を持ち、長く重厚な尻尾で体のバランスを取っていた。

【カルノタウルス】

カルノタウルスは、約7,200万 - 約6,990万年前に現在の南米大陸に生息した獣脚類の恐竜の一属。

カルノタウルスは、目の上に大きめの円錐状の角を持つ。角のある肉食の獣脚類としては、「角のあるトカゲ」という意味の名を持つケラトサウルスが存在するが、こちらは鼻先にあるコブ程度のもので、角竜類以外でこの様な特徴を持つものは見られない。

【ティラノサウルス】

ティラノサウルスは、約6,800万- 約6,600万年前の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜。

現在知られている限りで史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられ、地上に存在した最大級の肉食獣でもある。恐竜時代の最末期を生物種として約300万年間繁栄していたが、白亜紀末の大量絶滅によって最期を迎えている。

【関連動画】

ステゴサウルスのうた | 恐竜の歌 | 恐竜ソング | まめきゅん MAMEKYUNN

箱がかわった!?ジュラシックワールド スーパービッグ!インドミナス・レックス

ジュラシックワールド 恐竜フィギュア マテル アルバートサウルス オレンジの柄がかっこいい!

【恐竜/古生物の名前を覚えよう★10】ナノティラヌス,ナーストケラトプス,ヴェラフロンス,アベリサウルス,ユーリノサウルスなどのリアルでかっこいい恐竜が登場!ダイナソー dinosaur ジュラシック

【草食恐竜vol.2★Herbivorous dinosaur】植物食恐竜図鑑!ニジェールサウルス,ポラカントゥス,パキリノサウルス,アマルガサウルスが登場!白亜紀,ジュラ紀
https://www.youtube.com/watch?v=bVGzIteUyNg

-カルノタウルス

Copyright© 恐竜.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.