アロサウルス

【恐竜 動画】【恐竜の戦いCG】対決!!ジュラ紀王者アロサウルス VS白亜紀王者ティラノサウルス(他2頭)

更新日:

アロサウルスVSティラノサウルス: 0:00
アロサウルスVSメトリアカントサウルス: 2:15
アロサウルスVSスコミムス: 3:38

時代ごとの王者の対決だ!
アロサウルスはティラノサウルスに勝てるのか!?
君はどう思う?見てみよう!

【アロサウルス】

アロサウルスとは、約1億5,500万 - 1億5,000万年前の北アメリカに生息していた大型肉食獣脚類に属する恐竜である。

アロサウルスは二足歩行性で、鋭く大きな歯を多数備えた巨大な頭骨を持つ捕食者であった。平均的な全長(頭から尻尾の先端までの長さ)は8.5mで、12mに達したと推定される個体の化石の断片も発見されている。大きく強力な後肢(脚)と、それに比して小さな3本指を備えた前肢(腕)を持ち、長く重厚な尻尾で体のバランスを取っていた。

【ティラノサウルス】

ティラノサウルスは、約6,800万- 約6,600万年前の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜。

現在知られている限りで史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられ、地上に存在した最大級の肉食獣でもある。恐竜時代の最末期を生物種として約300万年間繁栄していたが、白亜紀末の大量絶滅によって最期を迎えている。

【メトリアカントサウルス】

メトリアカントサウルスは、メトリアカントサウルス類の恐竜の属の一つ。
中型の獣脚類で、大腿骨は80cmである。

【スコミムス】

スコミムスは、約1億2500万年前から1億1200万年前のアプチアンからアルビアンにかけて現在でいうニジェールに生息した、スピノサウルス科に属する獣脚類の恐竜の属。

スコミムスは全長9 - 11メートルで体重2.5 - 5.2トンであったが、ホロタイプ標本は完全に成長しきっていなかった可能性がある。スコミムスの狭い頭骨は短い首に付き、前肢は強靭な構造で、それぞれの指に巨大な鉤爪が備わっていた。

【関連動画】

まさかのトリケラトプスが大量に出た! ビッグサイズ 世界の恐竜 ティラノサウルス ステゴサウルス トリケラトプス

アニアの恐竜 絵合わせパズルでくみあわせて きょうりゅうバトルゲーム

【恐竜/古生物の名前を覚えよう★4】アクロカントサウルス,トロサウルス,ランフォリンクス,ディプロドクスなどのリアルでかっこいい恐竜が登場!ダイナソー dinosaur ジュラシック

【チャンネルDの恐竜旅】高知に恐竜がやってきた?高知恐竜ワールド

アニア アニマルアドベンチャー#04 恐竜いっぱい買ってきました

https://www.youtube.com/watch?v=wEplAuNyMsw

-アロサウルス

Copyright© 恐竜.jp , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.