アロサウルス

【恐竜 動画】【恐竜の戦いCG】ステゴサウルスVSアロサウルス,バリオニクス,マジュンガサウルス,スコミムス

投稿日:

ステゴサウルスVSアロサウルス: 0:00
ステゴサウルスVSバリオニクス: 0:52
ステゴサウルスVSマジュンガサウルス: 1:49
ステゴサウルスVSスコミムス: 2:42

さぁ!今回はステゴサウルスだ!
いったいどんな戦いを見せるのか!?

【ステゴサウルス】

ステゴサウルスは、ジュラ紀後期、現在の北米大陸に生息していた、体長7メートルほどの植物食恐竜。恐竜の中でも特に有名な属の1つである。

【アロサウルス】

アロサウルスとは、約1億5,500万 - 1億5,000万年前の北アメリカに生息していた大型肉食獣脚類に属する恐竜である。

アロサウルスは二足歩行性で、鋭く大きな歯を多数備えた巨大な頭骨を持つ捕食者であった。平均的な全長(頭から尻尾の先端までの長さ)は8.5mで、12mに達したと推定される個体の化石の断片も発見されている。大きく強力な後肢(脚)と、それに比して小さな3本指を備えた前肢(腕)を持ち、長く重厚な尻尾で体のバランスを取っていた。

【バリオニクス】

バリオニクスは、約1億3,000万~1億2,500万年前の現イギリスに生息していた獣脚類(肉食恐竜)。属名は「重々しいツメ」を意味する。

【マジュンガサウルス】

マジュンガサウルス は、白亜紀 後期のマダガスカルに生息していた竜盤目獣脚亜目・ケラトサウルス下目・アベリサウルス科の恐竜。 高さ約2.7m、体長約8m、推定体重約1t。

堅頭竜類に似た骨格をしている。胴体から尻尾にかけて小さな骨の突起のような物が多数ある。頭の上には8cmほどの太い角が突き出ており、これで頭突きをして戦った、あるいは大人であることを示したりメスを引き寄せるために派手な色をしていたとも考えられる。

【スコミムス】

スコミムスは、約1億2500万年前から1億1200万年前のアプチアンからアルビアンにかけて現在でいうニジェールに生息した、スピノサウルス科に属する獣脚類の恐竜の属。

スコミムスは全長9 - 11メートルで体重2.5 - 5.2トンであったが、ホロタイプ標本は完全に成長しきっていなかった可能性がある。スコミムスの狭い頭骨は短い首に付き、前肢は強靭な構造で、それぞれの指に巨大な鉤爪が備わっていた。

【関連動画】

ステゴサウルスのうた | 恐竜の歌 | 恐竜ソング | まめきゅん MAMEKYUNN

ティラノサウルス ステゴサウルス トリケラトプス 恐竜がちょっと面白いロボに変形!ディノバトロン

ジュラシックワールド かえして遊ぼう 恐竜のたまご ステゴサウルス

プレイドー 粘土遊び 恐竜のかたセット ステゴサウルス トリケラトプス ヴェロキラプトル プテラノドン PlayDoh Dinosaur type set

恐竜がいっぱいバトルするよ!トリケラトプス ステゴサウルス ティラノサウルス スピノサウルス 子供向け おもちゃ アニア dinosaur toys【toytube japan】
https://www.youtube.com/watch?v=DvZ5FggmYc4

-アロサウルス

Copyright© 恐竜.jp , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.