カルノタウルス

【恐竜 動画】【恐竜の戦いCG】カルノタウルスが大暴れ!カルノタウルスVSマジュンガサウルス(他5体)

投稿日:

カルノタウルス登場: 0:00
カルノタウルスVSマジュンガサウルス: 0:16
カルノタウルスVSノドサウルス: 1:59
カルノタウルスVSバリオニクス: 4:15
カルノタウルスVSチュンキンゴサウルス: 6:36
カルノタウルスVSペンタケラトプス: 7:41

カルノタウルスが大暴れだ!
さぁ君はどうなると思う!??

【カルノタウルス】

カルノタウルスは、約7,200万 - 約6,990万年前に現在の南米大陸に生息した獣脚類の恐竜の一属。

カルノタウルスは、目の上に大きめの円錐状の角を持つ。角のある肉食の獣脚類としては、「角のあるトカゲ」という意味の名を持つケラトサウルスが存在するが、こちらは鼻先にあるコブ程度のもので、角竜類以外でこの様な特徴を持つものは見られない。

【マジュンガサウルス】

マジュンガサウルス は、白亜紀 後期のマダガスカルに生息していた竜盤目獣脚亜目・ケラトサウルス下目・アベリサウルス科の恐竜。 高さ約2.7m、体長約8m、推定体重約1t。

堅頭竜類に似た骨格をしている。胴体から尻尾にかけて小さな骨の突起のような物が多数ある。頭の上には8cmほどの太い角が突き出ており、これで頭突きをして戦った、あるいは大人であることを示したりメスを引き寄せるために派手な色をしていたとも考えられる。

【ノドサウルス】

曲竜類恐竜の科であり現在の北アメリカ大陸、アジア、南極大陸、ヨーロッパのジュラ紀後期から白亜紀後に生息していた。

【バリオニクス】

バリオニクスは、約1億3,000万~1億2,500万年前の現イギリスに生息していた獣脚類(肉食恐竜)。属名は「重々しいツメ」を意味する。

【チュンキンゴサウルス】

ジュラ紀後期の中国大陸に生息していた剣竜類の一種。

名前の由来である重慶とは中国の都心の1つであり、同地近くにある発掘地『沙渓廟層』にて化石が発見された。

【ペンタケラトプス】

中生代白亜紀後期の北アメリカに生息した、角竜類に分類される恐竜である。 学名は古代ギリシャ語で「五本角の顔」を意味する。その由来は、2本のよく発達した上眼窩角と短い一本の鼻角、そして比較的長い2本の頬骨突起である。

【関連動画】

カルノタウルスに追われるサルタウルス【クリエイティブ・ライブラリー 素材】
https://www.youtube.com/watch?v=F0i9YRVLc1w

カルノタウルスの檻 | ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ | NETFLIX

ジュラシックワールド サバイバル・キャンプ 買うの忘れてました!スーパーアクション!カルノタウルス(ブル)

最強の噛ませ恐竜カルノタウルス【ジュラシック・ワールド 炎の王国】 おもちゃ Jurassic World

史上最大級のワニ! ジュラシックワールド 2020 マシッブ・バイターズアクションフィギュア サルコスクス
https://www.youtube.com/watch?v=PXELJ1CpL5g

-カルノタウルス

Copyright© 恐竜.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.